診療科・各部門のご紹介

薬局のご紹介

当院には3名の薬剤師が勤務しており、お薬に関わる色々な業務を行っております。また、お薬を通して少しでも患者様のお役に立てるよう心がけております。
ここでは、当院の薬局の主な仕事を簡単に説明させて頂きます。

調剤業務

患者様一人一人のお薬を、医師の書いた処方箋に基づき調剤する仕事です。
調剤はまず、患者様の年齢、性別、病状、他に服用しているお薬との相互作用(飲み合わせ)などを考慮し、処方箋の内容(薬剤名、用法、用量、処方日数など)が適切かどうかを確認します(薬剤師の腕の見せ所です!)。処方箋の内容が適切であると判断されれば、処方箋に基づいて調剤します。当院では、調剤されたお薬を、さらに別の薬剤師がもう一度確認(監査)する、「二重調剤」の体制をとっており、安全性の高い調剤を常に心がけております。こうして調剤されたお薬を、患者様にお渡しします。
当院では内服薬、外用薬、注射薬の調剤を行っております。

製剤業務

一般で販売されていないお薬を院内で作る仕事です。例えば、販売されていない剤形のお薬を作ったり、市販されているお薬どうしを混ぜ合わせたりして、患者様の使い勝手の良いお薬を作ったりします。
また、入院患者様の注射薬(中心静脈用高カロリー栄養輸液)は、無菌製剤処理(細菌のほとんどいない清潔な環境で注射薬を混合すること)を行っています。

服薬指導

患者様一人一人に、お薬の飲み方や作用、副作用など、必要な情報をお伝えする仕事です。同じお薬でも患者様によって飲む量や目的が異なりますので、個々の患者様にお薬の内容をきちんと理解していただけるよう心がけております。

医薬品管理業務

院内にある医薬品全ての流通管理や使用期限のチェックを行う仕事です。お薬は非常にデリケートな物ですから、そのお薬に合った保管状態を維持しなければなりません(例:温度に弱い、湿気に弱い、光に弱い・・・など)。
また、出来るだけ製造年月日の新しいお薬を患者様にお渡しできるように、院内の流通量や在庫量を適正に管理することも重要となります。

医薬品情報管理業務

患者様により良い薬物療法が提供できるように、お薬の情報を収集・保管・整理しておく仕事です。患者様や職員からのお薬に関するお問い合わせにお答えしたり、院内向けのお薬の情報誌「愛和会DIニュース」を発行するなどしてお薬に関する新しい情報を職員に伝達したりします。お薬の情報は時々刻々と変化しますので、新しい情報を常に確保できるように努力しています。

薬剤管理指導業務

入院患者様に対して、投与されている全てのお薬を記録、チェックし、そのお薬がその患者さんに効いているか、副作用等が出る兆しがないか、あるいは、飲み合わせの悪いお薬が出ていないか、等を常に確認します。また、患者様のベッドサイドまで行き、上記の服薬指導を行います。医師、看護師等と密に連絡を取り合い、お互いに情報交換をして、常に患者様の治療に有力な情報を各部署が把握できるように心がけています。

当院の薬局関連施設