診療科・各部門のご紹介

消化器内科

当消化器内科では、消化器一般の専門外来として、上部・下部消化管内視鏡検査や腹部超音波・CT検査などを用いて早期の診断と治療をめざしています。特に、逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍、食道癌、胃癌などの上部消化管疾患や潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸ポリープ、大腸癌、大腸憩室炎、下痢・便秘症などの下部消化管疾患、胆嚢・胆管炎、胆石症、胆管結石、急性膵炎、慢性膵炎、膵癌などの胆・膵疾患、B型・C型肝炎、肝硬変、肝癌などの肝疾患の診断と治療を行っています。
最近の内視鏡を用いた治療の進歩にはめざましいものがありますが、当科でも胃・十二指腸潰瘍からの出血に対する内視鏡的止血治療、ポリープに対する内視鏡的切除術、早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、総胆管結石に対する内視鏡的乳頭切除術(EST)などを行っています。
また、ピロリ菌の除菌治療や潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法も行っています。
外科手術やさらに高度の医療が必要な患者様には、主として下記の病院への紹介受診を積極的に勧めています。

  1. 1. 東京女子医科大学病院(新宿区)
  2. 2. 東京女子医科大学東医療センター(荒川区)
  3. 4. 日本医科大学付属病院(文京区)
  4. 5. 三井記念病院(千代田区)
  5. 6. 東京医科歯科大学付属病院(文京区)
  6. 7. 慶応義塾大学付属病院(新宿区)