ご来院の皆さま

透析外来のご案内

当院は、前身である南千住クリニックを1976年に開設して以来、透析医療に注力してまいりました。現在はその経験を充分に活用し、透析医療を中心として多くの合併症にも対応できるよう、体制を整備しております。
また、血液透析療法以外にも、拡張型心筋症等のため透析が困難な患者様や、長期透析患者様に合併しやすい透析アミロイド症の対策として血液透析濾過法等も行っております。

トータルサポート

当院では人工透析の導入から維持透析に至るまで、院内にて対応できます。透析の度に必ず医師が診察を行い、患者様の状態を細かく確認させて頂きます。
また、毎月1回のレントゲン検査、心電図検査、毎月2回の血液検査を実施しており、より良い透析条件の設定や、合併症の早期発見にも努めております。一般的な検査は院内にて行いますので、結果は迅速にお知らせすることが可能です。

合併症への対応(複数の診療科や専門スタッフの連携)

人工透析は、多くの合併症を伴う可能性があります。当院は、腎臓内科をはじめとして、整形外科、胃腸科、循環器科など、透析療法の合併症として発祥しやすい疾患に対応できる専門医がおり、外来診療から、緊急時の入院まで、幅広く対応できるよう、体制整備に努めております。また、シャントトラブル等の処置にも、当院の手術室にて迅速な対応が可能となっております。

快適な透析療法を目指して

患者様専用の更衣室に、かぎ付きのロッカーを完備しております。透析中も快適に過ごしていただけるよう、全ての透析ベッドにテレビ(有料)が設置されています。また、希望により、透析食メニューのお弁当を透析中に召し上がっていただけます(有料)。
スタッフが常にフロアー内をラウンドしており、ご用の際はお気軽に声を掛けていただけます。